2017年06月07日

丸栄が上場廃止へ 名古屋の百貨店売上高は名駅が栄を初めて上回る

名古屋市民に長く親しまれてきた百貨店の丸栄が7月6日に上場を廃止します。

親会社の興和が5月29日までの株式公開買い付けで、議決権ベースでの丸栄株の持ち株比率を95.53%に高めました。今後、残りの株式も取得する予定です。

東京証券取引所と名古屋証券取引所は、丸栄株を6月6日付で整理銘柄に指定しました。最終売買日は7月5日です。

丸栄は興和の完全子会社となり、テナント事業への転換を図ります。

地元の主要百貨店が1日発表した5月の売上高(速報値)では、名古屋駅地区(名鉄百貨店、ジェイアール名古屋高島屋)の合計額が、栄地区(丸栄、松坂屋名古屋店、名古屋三越栄店)を初めて上回りました。

ショッピングの中心地は栄から名駅へと移りつつあり、丸栄の上場廃止はこうした状況の変化も一因かもしれません。




スポンサーリンク

posted by オーシャン at 09:20| 東京 ☀| ビジネス | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。